SYSTEM

競技力向上支援システム

SYSTEM

競技力向上支援システム

国立大学法人北見工業大学との連携

アルゴグラフィックス北見カーリングホールに備えられた競技力向上のための高度な支援システム機能は、国立大学法人北見工業大学の最先端冬季スポーツ科学研究の成果を実用化したものであり、各支援システムは国内外のトップアスリートをはじめ、その後進となる競技者に対して、スポーツ科学に基づくトレーニング法や戦術の開発など総合的なカーリング競技力向上への支援を提供します。

国立大学法人
北見工業大学との連携

アルゴグラフィックス北見カーリングホールに備えられた競技力向上のための高度な支援システム機能は、国立大学法人北見工業大学の最先端冬季スポーツ科学研究の成果を実用化したものであり、各支援システムは国内外のトップアスリートをはじめ、その後進となる競技者に対して、スポーツ科学に基づくトレーニング法や戦術の開発など総合的なカーリング競技力向上への支援を提供します。

10種類の支援システム

1. ストーントラッキングシステム

  • 赤外線カメラと赤外線LEDを用いて移動するストーンの位置を逐次計測します。

  • 氷面下に敷設した赤外線LEDモジュールを用いてキャリブレーションを行います。

  • ストーンに設置した赤外線LEDを赤外線カメラで撮影し、画像解析によってストーンの位置を算出し、軌跡を生成します。

2. モーションキャプチャシステム

  • 競技者やストーンにマーカーを設置し、シート上部に設置したモーションキャプチャカメラにより競技者やストーンの動きを測定します。

  • 測定したデータは専用ソフトウェアで解析し、対象の3Dモデルを生成します。

3. 画像解析システム

  • 可視光カメラと人口知能による画像解析により競技者の動作やストーンの位置を測定する。

  • 深層学習を用いた画像処理を行い、ストーン画像を抽出し、抽出データに基づき軌跡を生成することでストーンの位置を解析します。

  • 測定画像を解析し、映像を即時フィードバック処理することで、競技情報をリアルタイムで掲示します。

4. デジタルスコアブックシステム

  • ショット精度や得点、ショットの種類や軌跡などの試合情報を自動的に記録します。

  • デジタルスコアブック「iCE」では、試合情報を記録、データベース化し共有することができます。
    簡易解析結果を視覚化し試合結果をトレースします。

5. 足圧分布測定システム

  • 圧力センサーを介してデリバリー時の足圧分布を測定し、自動的に記録します。

  • デリバリー時の蹴りの強さや分布を測定、また、スウィーピング時の足圧分布も測定します。

6. AR / VRシミュレーションシステム

  • HMDまたはスマートグラス上にショット軌跡や情報を投影します。

  • ショット軌跡の記録と表示をし、複数ショット軌跡を重ね合わせ、抽出データに基づき軌跡を生成します。

  • 最適ショット軌跡を提示します。

7. AIシミュレーションシステム

  • 試合経過に応じて適した戦術を戦術推論AIを用いて自動的に掲示します。

  • 戦術推論AIでは、デジタルカーリングシステム仕様に準拠し、試合のビッグデータを学習します。

  • デジタルカーリングシステムでは、戦術AI同士による対戦シミュレーションを行い、複数アルゴリズムによる推論実行が可能です。
    対戦データはサーバで共有し利用します。

8. レーザー計測システム

  • レーダー照射によりショット精度や速度を計測します。

 

  • レーザー計測システムで、縦方向のショットを計測し、レーザー速度計測器(3ビーム)で、横方向のショットを計測します。

9. 氷面温度測定システム

  • シート上の氷面の温度を逐次計測し、氷面変化を記録します。

  • 低温データロガーで氷上温度を定期計測します。

  • 解析ソフトウェアで、ロガーから受信した温度データの解析と可視化を行います。

10. 競技動作測定システム

スウィーピングやデリバリーなどの競技者動作を測定します。

10種類の支援システム

1. ストーントラッキングシステム

  • 赤外線カメラと赤外線LEDを用いて移動するストーンの位置を逐次計測します。

  • 氷面下に敷設した赤外線LEDモジュールを用いてキャリブレーションを行います。

  • ストーンに設置した赤外線LEDを赤外線カメラで撮影し、画像解析によってストーンの位置を算出し、軌跡を生成します。

2. モーションキャプチャシステム

  • 競技者やストーンにマーカーを設置し、シート上部に設置したモーションキャプチャカメラにより競技者やストーンの動きを測定します。

  • 測定したデータは専用ソフトウェアで解析し、対象の3Dモデルを生成します。

3. 画像解析システム

  • 可視光カメラと人口知能による画像解析により競技者の動作やストーンの位置を測定する。

  • 深層学習を用いた画像処理を行い、ストーン画像を抽出し、抽出データに基づき軌跡を生成することでストーンの位置を解析します。

  • 測定画像を解析し、映像を即時フィードバック処理することで、競技情報をリアルタイムで掲示します。

4. デジタルスコアブックシステム

  • ショット精度や得点、ショットの種類や軌跡などの試合情報を自動的に記録します。

  • デジタルスコアブック「iCE」では、試合情報を記録、データベース化し共有することができます。 簡易解析結果を視覚化し試合結果をトレースします。

5. 足圧分布測定システム

  • 圧力センサーを介してデリバリー時の足圧分布を測定し、自動的に記録します。

  • デリバリー時の蹴りの強さや分布を測定、また、スウィーピング時の足圧分布も測定します。
6. AR / VR
シミュレーションシステム
  • HMDまたはスマートグラス上にショット軌跡や情報を投影します。

  • ショット軌跡の記録と表示をし、複数ショット軌跡を重ね合わせ、抽出データに基づき軌跡を生成します。

  • 最適ショット軌跡を提示します。

7. AIシミュレーションシステム

  • 試合経過に応じて適した戦術を戦術推論AIを用いて自動的に掲示します。

  • 戦術推論AIでは、デジタルカーリングシステム仕様に準拠し、試合のビッグデータを学習します。

  • デジタルカーリングシステムでは、戦術AI同士による対戦シミュレーションを行い、複数アルゴリズムによる推論実行が可能です。 対戦データはサーバで共有し利用します。

8. レーザー計測システム

  • レーダー照射によりショット精度や速度を計測します。

 

  • レーザー計測システムで、縦方向のショットを計測し、レーザー速度計測器(3ビーム)で、横方向のショットを計測します。

9. 氷面温度測定システム

  • シート上の氷面の温度を逐次計測し、氷面変化を記録します。

  • 低温データロガーで氷上温度を定期計測します。

  • 解析ソフトウェアで、ロガーから受信した温度データの解析と可視化を行います。

10. 競技動作測定システム

  • スウィーピングやデリバリーなどの競技者動作を測定します。

CONTACT

お問い合わせ

ご利用予約はお電話からお願いします。

ご利用予約は1ヶ月前から可能です。
例:11月14日の1ヶ月前は10月14日になります。(3月31日の1ヶ月前は2月28日になります。)

大会の開催や競技場整備のためご予約いただけない場合があります。

お気軽にお問い合わせください。

CONTACT

お問い合わせ

ご利用予約はお電話からお願いします。

ご利用予約は1ヶ月前から可能です。
例:11月14日の1ヶ月前は10月14日になります。(3月31日の1ヶ月前は2月28日になります。)

大会の開催や競技場整備のためご予約いただけない場合があります。

お気軽にお問い合わせください。

OFFICIAL  SNS